OC Globalについて

経営方針(I-Plan)

魅力ある企業へ経営理念ゴール

I-Plan(1) 今こそ真に魅力ある企業へ

真に魅力ある企業へ
  • ■“魅力ある企業”とは役職員と家族が豊かさや幸せを実感し、顧客満足や社会貢献を高めるため生き生きと活動している企業である。
  • ■我々は更なる社会満足と顧客満足・社会貢献を追及する“真に魅力ある企業”になるようにチャレンジする。
“情熱とやりがい”が原動力
  • ■“情熱とやりがい”は、役職員と家族が豊かさや幸せを実感し、個が成長し、企業を成長させる好循環をもたらす原動力である。
  • ■我々は、真に魅力ある企業になるための原動力として“情熱とやりがい”を更に高める経営を実践する。
オリエンタルコンサルタンツグローバルはACKグループの原動力のひとつ
  • ■オリエンタルコンサルタンツグローバルはACKグループにおいて、業績面の貢献だけではなく、新たな事業創出や技術開発・高度化における先導役、グループ随所で活躍する人材の供給源としての役割も担う。
  • ■我々は、魅力あるグループを形成するために、あらゆる面でグループの原動力となる。
社員満足と顧客満足・社会貢献の関係
「真の顧客満足、社会貢献」とは、社員の心の中からわき上がる情熱のこもったサービスから生まれるものである。
よって、社員満足を高めることにより、真の顧客満足、社会貢献を実現することができると考える。
「豊かさ」とは?
本経営計画における「豊かさ」とは、達成感、充実感等の心の豊かさ、時間的ゆとり、物理的、経済的豊かさ等を包含したものと考える。

魅力ある企業へ

豊かさの実感
  • 優れた人材の確保と育成、様々な制度の拡充、就業環境の改善により、役職員と家族が実感する豊かさや幸せを高める。
  • この豊かさや幸せの実感により、さらにモチベーションを向上させ、”情熱とやりがい”を高める。
個の成長
  • 技術・サービスの開発・高度化を推進し、No.1の品質力(技術力)、技術営業力を構築し、 個がより高いレベルへ成長する。
  • この個の成長により、個の自律を確立し、責任感、執着心、実現力を有した真のプロフェッショナルになる。
企業の成長
  • 既往市場に加え、民間・国際市場において、事業創造や事業拡大を図ることで、安定的な利益を確保し、継続的に成長する。
  • この企業の継続的成長により、顧客満足、社会貢献をさらに追及する。

魅力ある企業へ経営理念ゴール

I-Plan(2) 経営理念

使命(ミッション)
  • ■「豊かさの実現と共感」
    総合的な知的サービスにより世界の人々の安全で豊かな暮らしを創造する。

社会環境全般に関わる総合的な知的サービスにより、社会や顧客が期待する価値を追求すると共に、事業を取り巻く環境を保全・創造し、文化や経済を活性化させることで、世界の人々の安全で豊かな暮らしを実現する。また、企業活動を通じて、関わるあらゆる人々(社員と家族、顧客)と共に幸せと喜びを共感(=感動を共に)する。さらに、このような活動に惹かれ、優秀な人材が集まり、各自が情熱とやりがいを持ち、夢中になって活動する企業としての存在価値をさらに高める。これらにより魅力ある企業として、新たな成長を成し遂げる。

価値観(バリュー)
  • ■社員満足と顧客満足・社会貢献を追求する。
  • ■倫理規範を遵守し、独立性を堅持する。
  • ■品質とスピードと粘り強さを大切にする。
  • ■リーダーシップによる主体的な行動を大切にする。
  • ■心の共有によりチームワークと真のコミュニケーションを大切にする。
  • ■無限大の可能性にチャレンジする。

価値観は、使命を達成するために”大切にしたいもの”として、行動のよりどころとなる指針である。社員満足と顧客満足・社会貢献を追及すると共に、倫理規範の遵守、完全なる独立性を堅持するといった、プロフェッショナルとしての行動を徹底する。加えて、これまで培った技術による高い品質とスピードある対応、粘り強い対応を大切にする。また、心や行動面において、リーダーシップ・チームワーク・コミュニケーションを大切にする。さらに、ACKGの原動力として、常に新しいことにチャレンジすると共に、関わるあらゆる人々の幸せを追求し、使命を達成する。

中核となる力(コアコンピタンス)
  • ■「情熱とやりがい」
    魅力ある企業への原動力

魅力ある企業への原動力は、役職員の「情熱とやりがい」であり、他の企業と差別化を図る中核となる力として位置づける。

中核となる力(コアコンピタンス)

魅力ある企業へ経営理念ゴール

I-Plan(3) ゴール

日本一、世界に伍して戦えるコンサルタント企業の実現

企業の成長

社会貢献の最大化により、更なる誇りを持てる企業

  • ■仕事を通じて、社会への貢献を最大化する。そして、我々の提供する技術やサービスにより、日本でも、世界でも、社 会に貢献し、更に大きな誇りが持てる企業になる。
  • ■中期的には、国内外でインフラ事業を中心にして業界トップクラスの事業量の確保を通じて社会に貢献している。
個の成長

能力の最大化により、活躍の場が広がり、更なる達成感が感じられる企業

  • ■個々人は、自身の持つ能力を最大化し、チームや組織は、チーム力や組織力を最大化する。そして、顧客満足と自己実 現を図り、達成感が感じられるような企業になる。
  • ■中期的には、業界トップクラスの個々人の能力・組織能力を有し、業界トップクラスの品質を提供している。
豊かさの実感

役職員の元気の最大化により社員満足を高められる企業

  • ■“社会貢献を通じた仕事に対する誇り”や”顧客満足と自己実現を通じた達成感”に加えて、役職員の元気を最大化する。そして、役職員や家族が健全で充実した人生がおくれる企業になる。
  • ■中期的には、業界トップクラスの処遇を実現し、役職員が働きがいを持って活動している。
日本一
コンサルタント業界において、上記3つの柱から総合的に見てNo.1のコンサルタント企業。
世界に伍して戦える
個の力とチーム力により、世界のコンサルタントと対等に戦えるコンサルタント企業。